勉強のコツ(学力向上のヒント)

勉強のコツ(学力向上のヒント)

エビングハウスの忘却曲線に学ぶ

エビングハウスの忘却曲線は、人間の記憶について、時間の経過と忘却との関係を示した研究成果です。


図1を見ると、実に衝撃的なことが分かります。 

暗記練習をして100%覚えたとしても、20分経過すると約40%は忘れてしまう。

1日経過すると約75%を忘れ、1ヶ月経過すると約80%は忘れてしまう。つまり20%しか覚えていない。

 徐々に忘れていくのではなく、覚えた直後から急激に忘却が始まる。

一度覚えた後に何もしなければ、「忘れてしまうのは当たり前」ということです。


それでは、次の図2は何を表しているのでしょうか。

図2を見ると、

復習を繰り返すと、忘却曲線が徐々に緩やかになっていることが分かります。

復習を繰り返すと、元の状態(100%)に戻すのが楽になっていくことが分かります。

復習を繰り返すと、覚えている割合が非常に高くなることが分かります。

図1と図2から導き出した結論

復習しなければ、覚えたことがどんどん消えてなくなってしまう。

復習を繰り返すと、忘れにくくなる。つまり、短期記憶が長期記憶に変わる。

記憶を定着させるには、早めの復習と、その後の定期的な復習が必要である。

理想的には、その日に復習、その後は、翌日、1週間後、1ヶ月後。。。。

短期記憶は一時的な記憶であり、脳には保管されずに消えてしまう記憶

長期記憶は脳に保管された記憶(忘れても思い出すことのできる記憶)

復習が学力向上のカギ

忘却曲線が示すように、学校で習ったことも、復習しなければどんどん忘れていきます。学校には復習をする時間割がないので、家庭学習に復習をする時間を設ける必要があります。

学校の宿題がない日は家庭学習を復習の時間にします。時空サイトは、学年に関係なく幅広く復習ができ、繰り返しの復習にも適しています。忘却曲線が教えてくれた復習の大切さを理解し、復習に力を入れましょう。繰り返しの復習こそ、基礎学力の向上への近道なのです。


以 上