特徴4:漢字ドリル

漢字ドリルは書式が豊富

時空先生の漢字ドリルはその種類が多く、お子様の学習レベルに合わせた取り組みができるようになっています。必要な時に必要なドリルを選択して実践できるので、漢字学習をより効果的に、効率的に進めることができます。

新漢字の読み練習ドリル

教科書の新漢字と新読み漢字の読み練習は、教科書一冊分(上巻、下巻)を一気に進めましょう。読める漢字が増えてくると漢字が得意になり、書き方練習も苦にならないようになります。教科書一冊分の読み練習ドリルを印刷して綴じて食卓に置いておきましょう。初日はNo.1、次の日はNo.1,No.2、次の日はNo.1,No.2,No.3、その次はNo.2,No.3,No.4のように反復を組み込んで練習をすると、あっという間に1冊分の新漢字が読めるようになります。その際に、音読を聞いてあげることが大切です。分からない読みや意味があればその場で教えてあげて下さい。


読み練習の全20問を指定した場合

読み練習の10問を指定した場合

読み練習の5問を指定した場合

新漢字の筆順練習ドリル

教科書に沿って新漢字の筆順練習ができます。最初の問題をずらすこと(先頭調整)ができますので、教科書のどの漢字からでも始めることができます。
また、直接、任意の漢字を指定して筆順ドリルを作成することもできます。マス目のない10問Bは高学年向けです。


筆順練習の5問を指定した場合

筆順練習の10問Aを指定した場合

筆順練習の10問Bを指定した場合

漢字テスト

教科書に沿って新漢字と新読み漢字のテストができます。また、直接、問題番号を指定して漢字テストを作成することもできます。

(1)は、新漢字・新読み漢字1字の書きテスト、(2)は、新漢字・新読み漢字を含むことば単位、あるいは送りがなを含む書きテストです。更に、最初の問題をずらすこと(先頭調整)ができますので、教科書のどの漢字からでも始めることができます。


漢字テストの全20問(1)を指定した場合

漢字テストの全20問(2)を指定した場合

漢字テストの10問(1)を指定した場合

漢字テストの10問(2)を指定した場合

漢字テストの5問(1)を指定した場合

漢字テストの5問(2)を指定した場合

異読トレーニングドリル

漢字の異なる読み方を効率的に学習できる画期的なドリルです。同じ漢字で異なる読み方をする問題の音読練習を繰り返すと一気に語彙が拡がります。音読を聞き、読めない漢字や分からない意味があれば、教えてあげましょう。

今日は1,2、次の日は1,2,3、次の日は2,3,4のように繰り返しながら進めます。読める漢字が増えると、漢字学習が楽しくなります。書き練習はそのあとにすれば良いのです。


異読トレーニングの読み練習を指定した場合

短文活用ドリル(独自文章)

各学年ごとの新漢字を用いて作成した短文の音読ドリル、筆順ドリル、美字ドリル(なぞり練習)、漢字テストです。

1年は4枚、2年は5枚、3年~6年はそれぞれ7枚にまとめていますので、効率的に新漢字の学習をすることができます。教科書対応の漢字ドリルと組み合わせてが学習すると効果が高くなります。


短文活用の音読を指定した場合
先ず最初に短文を読むことから始め、漢字の使い方、読み方などを短文ごと覚えてしまいます。

短文活用の筆順を指定した場合
当該学年で新しく登場する漢字(配当漢字)の書き方練習をします。筆順に従ってなぞり練習をし、形の良い漢字を身に付けます。

短文活用のなぞりを指定した場合
短文のなぞり練習ができます。美字ドリルは音読練習用のプリントにもなります。

短文活用のテストを指定した場合
各学年とも、7枚のテストだけで全配当漢字のチェックができます。年度末や下学年の漢字のチェックにとても便利です。

 

TOPへ戻る